2018年01月22日

ZZR1100-C型

CIMG6117.JPG

ZZR1100-C型 リフレッシュ計画 エンジン編
こちらは、以前 私が組んだエンジン 組んでから数万キロつかっています。

オーバーサイズ鍛造ピストンに削り出しのハイカム ビートのST-2 ポート加工 シートカット
ロッカーアーム、バルブ ヘッド下面研磨 とエンジンヘッド加工は、最近ポルシェのチューニングでも活躍しているモーターラボにて加工したもので、けっこう凄い内容のチューニングエンジン

今回はこれが、中古で出てきたので、こちらをO/Hして新たに仕上げることに!!

中古エンジンを使う場合は、エンジンをO/Hしてからというのが、弊社のルール
O/Hなしで使うという場合は、弊社でのエンジン載せ換えはお断りしております。
中古エンジンをそのまま載せるということは、賭けにちかいものがありリスクが大きいからです。

以前もありましたが、下取りしたエンジンもオーバーサイズ入れてハイカムをいれてミッションも交換してありますと、オーナーさんが言ってきたものがありましたが、次にそのエンジンを使う方が決まり、中を開けてみると びっくり!! なにもしていない 変わっていない なんてものもあったくらいです。

CIMG6122.JPG

という事で、こちらのエンジンを分解していきます。
ちゃんと 削り出しのカムの存在が確認され(笑)

CIMG6124.JPG

CIMG6126.JPG

ピストンも78mmサイズの鍛造ピストンが確認されました。
シリンダの状態もよく ピストンリングの交換でいけそうです。

CIMG1297.JPG

腰下の分解に入ります

DSC_2482.JPG

CIMG1322.JPG

クランクメタル、コンロッドメタルは、せっかくなので交換
コンロッドボルトとナットは一度外したら使えないので、交換です。

CIMG1314.JPG

そして、エンジンを分解したら、やっておきたい部分の一つ

CIMG1316.JPG

CIMG1318.JPG

CIMG1319.JPG

ワンウエイクラッチです。
ここが滑り出すとやっかいなので・・・
カワサキのZXT系の水冷エンジンの場合、全部分解しないと取り出せないので、このような機会がありましたら交換をおすすめします。

CIMG1323.JPG

クランク 前回にダイナミックバランスをとっているので今回は清掃だけ

DSC_2499.JPG

シフトフォーク、フォークシャフト、ドラム ここも交換をしておきたいパーツですね(^_^;)

CIMG1325.JPG

CIMG1324.JPG

今度は、新しいパーツを組んでいきます。

CIMG1326.JPG

ギヤポジションレバー
ここも時間がたっているエンジンなどは、裏側のスプリングを交換をしておくのもオススメです。
劣化でスプリングが折れることもあります。

DSC_2495.JPG

ミッションを装着し

CIMG1328.JPG

CIMG1329.JPG

ケースを組んでいきます。
中のカップリングダンパー 3箇所ありますが、こちらも交換をおすすめします。

CIMG1330.JPG

腰下の作業が完了

CIMG1332.JPG

CIMG1333.JPG

次は腰上です。
洗浄したパーツを組んで行きまして

CIMG1335.JPG

CIMG1334.JPG

シリンダを装着

CIMG1340.JPG

ヘッドを乗せて

CIMG1347.JPG

CIMG1348.JPG

エンジン完成 

CIMG1344.JPG

そして、エンジンスワップの準備に入ります

CIMG1345.JPG

CIMG1346.JPG

エンジンを下ろしまして

CIMG1357.JPG

CIMG1358.JPG

エンジンマウント ラバー&ボルト&シャフト もこのような状態になっていたので
新品に交換

CIMG1349.JPG

無事にエンジンが乗り

CIMG1351.JPG

CIMG1352.JPG

FCR・マフラー を装着して

CIMG1356.JPG

CIMG1355.JPG

試運転後の各部のチェック

CIMG1353.JPG

CIMG1360.JPG

作業は無事に完了
いい感じに仕上がりました\(^^)/

おしまい
posted by 店長 at 12:51| 日記